沿革

HOME | 沿革

教会

 教会は、旧・新約聖書に証言されている父、子、聖霊なる三位一体の神を信ずる者たちの共同体です。教会は神が恵みを持って招いてくださる主日ごとの礼拝を重んじ、主イエス・キリストがもたらしてくださった罪の赦しの福音と永遠の命の希望を一人でも多くの人に宣べ伝えることを願います。また教会は、朽ちることのない喜びに生かされて、主にある交わりを深め、愛の業に励みます。

日本キリスト教団

 日本キリスト教団は、1941年(昭和16年)にプロテスタントの諸教派の合同によって成立した教会です。日本キリスト教団の教会は全国に散在し、その数は約1700、信徒数は約10万人です。世界基督教統一神霊協会(統一原理)、ものみの塔(エホバの証人)、モルモン教などとは、一切関係がありません。

中渋谷教会

 中渋谷教会は、1917年(大正6年)富士見町教会の植村正久牧師の支援のもと、森明牧師によって設立されました。この教会は宗教改革者ジャン・カルヴァンの流れを汲む、広い意味での「改革派」、「長老派」の伝統を継承した教会です。